盆提灯の選び方

TOP>盆提灯の選び方

盆提灯の選び方

新盆のご家庭では?

新盆とは、故人にとって初めて迎えるお盆です。新盆の供養は、全国的に、特に手厚く行なう風習があります。故人やご先祖に失礼のないように、新盆の準備はしっかりと行ないたいものです。

故人やご先祖の精霊は、盆提灯の明かりを目印にして、なつかしい我が家にお戻りになるといわれています。ですから、お盆には必ず、盆提灯をお飾りください。

特に、新盆のご家庭では、精霊が道に迷わないための最初の目印として、白張り提灯(白紋天提灯)を玄関に吊るします。マンションやアパートなどの場合は、ベランダや仏間などに吊るしてもよいでしょう。

なお、お飾りいただいた盆提灯は毎年お使いいただけますので、大切に保管してください。

盆提灯のタイプは?

お盆の提灯には、吊すタイプと置くタイプの2つがあります。どちらのタイプもご用途は同じですので、お飾りいただくお部屋の形状に合わせてお選びください。

価格の違いは?

吊すタイプも置くタイプも、素材やつくりの違いで価格が異なります。ご予算に合わせて、お好みの盆提灯をお選びください。

宗派の違いは?

盆提灯は、宗派による違いはありません

贈答時の注意点は?

ご贈答として差し上げる場合には、絵柄の入った盆提灯を贈るのが一般的です。また、家紋入りの提灯は、お施主さまご自身が、白無地の提灯に家紋を入れてご用意するのが習わしですが、関西地方では、ご贈答用の絵柄提灯に家紋を入れて贈る場合もあります。

盆提灯を贈る場合には、一対で贈るのが正式ですが、先様のお部屋の広さやご予算から必ずしも一対でなくても構いません。そして、盆提灯は12日までに贈るのが通例です。盆提灯は、あらかじめお店から配達をしてもらい、お焼香に伺う時には、お線香やロウソクなどを持って行かれるとよいでしょう。

盆提灯の価格は、素材の質や造りの違いによって決まってきます。贈られる先様とのご関係から、ご予算に合わせてお選びください。

盆提灯TOPへ

盆提灯トップ|盆提灯商品一覧|盆提灯の選び方|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集|リンクについて